Team9℃ Blog

日々の出来事をモンモンと
書いてしまうでふ。
小平の里キャンプ その2

6時40分に目が覚め、
レクリエーションハウスに行ってみると、蕎麦茹でてる人が。
うちのメンバーは、朝から元気。
01_朝から蕎麦
それから1時間後、
皆さん集まったので朝食の準備開始。
02_朝食の準備開始
昨日の夜は若者が騒いでいたのですが、
やはり起きれないよね。
なんせ、超小型だけど、自動販売機のビールを全部飲んだからね。
03_若者がいない
そして、若者達のゴミ袋はネコやたぬきの仕業か、
袋が破かれちらかり放題。
私達のも破かれましたが二重にしたのでセーフ。
04_パンケーキ作り
皆さんの朝食を一部ご紹介。
マフィンを温め、
05_マフィン
目玉焼きと、
06_目玉焼き
ソーセージを
07_ソーセージ
挟んだ、ソーセージエッグマフィン。
08_ソーセージエッグマフィン
ブロックベーコン焼きと
09_ベーコン
ステックポテトのり塩味。
そして、モツ煮。
10_ハッシュドポテトとモツ煮
こちらは、
ハムと目玉焼きのレタスサンド。
11_ハム目玉焼きレタスサンド
私はホットケーキに挑戦。
12_ケーキの様なホットケーキ
まずは牛乳に卵を入れ、
粉がダマにならない様にかき混ぜ。
12_ホットケーキ
フライパンで焼きます。
ケーキのようなホットケーキにならなかったのですが、
何か違ったのでしょうか。。。普通のホットケーキなんだけど。
13_ホットケーキを焼く
こちらが、デザート。
14_デザート
ホットケーキに添えたら完成。
生クリームは冷やしてなかったので、
練乳の様に変身。。。とほほ。
15_ホットケーキ朝食の完成
こちらも20cmのホットケーキ4枚に
茹で卵3つが加わり完成。
ホットケーキ組は食べきれず、ギブアップ。
昨日の夜に続き朝食も作り過ぎました。反省。
16_茹で卵3つ
お腹が満たされたら、テントの片づけ。
17_テントの片づけ
私達にとっては近過ぎるキャンプ場ですが、
体験ものあるのとお風呂に入れるのでお勧めです。
18_キャンプ終了
来年(2017年)は、10月末に閉鎖してしまう
シルクバレーで満点の星空が見れたらいいな。
おしまい。

JUGEMテーマ:趣味

| あひ | ツーリングイベント | 19:32 | comments(0) | - |
小平の里キャンプ その1

7月末は、バイクキャンプ。
満点の星空の下でキャンプを行いたかったのですが、
去年のこの時期はまだ梅雨明け前。
01_バイクキャンプ
場所を変え近場の小平の里となりました。
こちらのキャンプ場はとても良心的。
キャンプ場の使用料210円 + テント持込み料520円
キャンセルも当日の9時までに連絡すれば料金が発生しません。
02_小平キャンプ場
買い出しが終わり到着したら、蕎麦打ち体験。
他にうどん、手作りまんじゅう体験もあります。
キャンプ場を下った、ふれあいの館に移動。
↓赤い星の場所。
03_遊遊マップ
体験料は、1,000円 + 汁100円。
前回のそば打ち体験は、
3〜4名で1つの蕎麦を打ちましたが、
こちらは、1人で自分の蕎麦を打つ事が出来ます。
04_蕎麦打ち体験
ますば、一人前180g(うどん粉5:蕎麦粉5)を
ボールに入れ良くかき混ぜます。
05_一人前180gの割合半々
塩水を少しずつ入れ、
固まりが出来る様にかき混ぜます。
06_良く混ぜます
粉からある程度、
固まりとなったらコネコネ。
07_コネコネ
丸く成形。
08_丸く成形
丸から四角になる様に伸ばします。
09_四角く伸ばす
薄く伸ばせたら、
たたんで細く切ります。
10_細く切る
細く綺麗に切れてますね。お見事。
11_完成
体験後は、キャンプ場の下見。
山の斜面にテントが張れる様に整備されてます。
12_テント張り
場所は雨風で斜めってますね。
平な場所にテントを張ったら、寝処の完成。
13_土は湿ってます
食事の前にひとっ風呂。
焚火の檜風呂が300円で利用出来ます。
14_風呂後のくつろぎ
テントの周りでは全員が集まれないので、
屋根付きのレクリエーションハウスで夕飯です。
使用料は、コンロ持込み料500円のみ。
15_夕飯作り開始
皆さんの料理をご紹介。
こちらは、自分達で打った蕎麦。
180gですが、かなり量がありました。
16_蕎麦
次は私の作品で、そば寿司。
中身は卵焼き、ネギ、ごま油を少々。
皆さんの反応は、伸びたただの蕎麦。。。残念な出来。
17_そば寿司
炒めたベーコンに蕎麦を投入。
18_ベーコンと蕎麦
生クリームなどを入れた、蕎麦ボナーラ。
蕎麦に生クリームとは、面白い組み合わせです。
19_カルボナーラ蕎麦
椎茸煮込み。
20_しいたけ煮
富士宮焼きそば。
21_富士宮焼きそば
カレー味のチャーハン。
22_カレー味のチャーハン
皆さんの料理を少しずつもらって、
茶色いツマミの盛り合わせ。
23_茶色い食べ物集合
これは何だと思います?

24_油揚げピザ
正解は、油揚げのピザ。
酒のミマミになりそう。旨そうです。
25_ピザ完成
チキンのスープカレー。
26_チキンスープカレー
トムヤムクン風スープ。
27_トムヤムクン
ツマミのタコさんきゅうり。
28_タコきゅうり
冷凍のポテトとカニの磯辺焼きを用意したのだけど、
とても残念な見栄えと味だったため、誰も手をつけず。
蕎麦寿司に続き二連敗。。。とほほ。
29_団らん1
気を取り直して焼き肉。
少し食べたらお腹一杯。。。
30_団らん2
最後は、スイーツの太田焼きそばケーキ。399円
群馬県産小麦粉”さとのそら”を使用したクレープを
麺とキャベツに見立てキャラメルで和えています。
中にはコクのあるチョコカスタードと
チョコクランチが食感のアクセントに入ってます。
見た目が焼きそばなので、
食べると甘い感じが面白かった。
31_焼きそばケーキ
たらふくのお腹で、しばし雑談したら就寝です。
つづく

JUGEMテーマ:趣味

| あひ | ツーリングイベント | 19:07 | comments(0) | - |
ブルーベリーゆうファーム その2

筑波は、素敵なパン屋さんがいっぱい。
01_クーロンヌ
人気の高い店に行きたいのですが、この人数ですからね。
小さい個人店や店内で食べる事が出来ない店も多く、
02_テラス席
どの店にするか悩みましたが、パン工房クーロンヌで昼食。
こちらのパン屋さんも、ゆうファーム同様に
体に優しいパンづくりに取り組んでいます。
03_店内
取り組みを簡単に説明すると、
まじりけのない素材と添加物を極力使用しないパン作り。
04_棚1
この様な作り方は、日持ちが悪かったり、
固くなりやすかったりするそうです。
05_棚2
そして、素材、安心・安全にこだわるので、
値上げしないといけない状況になる事もあるとか。
06_棚3
そんなこだわりのパンが所狭しと並んでます。
混雑しているので、レジへ並びながらパンを選び。
07_棚4
地元では見かけないレジの機械。
値段が表示されたら、
客が小銭やお札を投入する仕組み。
08_レジ
皆さんが購入したパンを一部ご紹介。
タンドリーチキン 300円。
カレー風味のチキンとシャッキっとした玉ねぎの相性が抜群。
09_タンドリーチキンバーガー300円
マンモスバーガー 380円。
これ一つでお腹一杯になりそう。
10_マンモスバーガー380円
動物パン 150円。
中身が何か気になります。
11_動物パン 150円
ぶどうの樹 200円。
中心はクリームでしょうか。
1粒ずつちぎって食べるの好きだったりします。
12_ぶどうの樹 200円
ソルティードック 280円。
固めのパンを噛むほど肉の旨みを感じますよね。
13_ソルティードック 280円
カメロン 130円。
味はメロンパンですかね。
14_カメロン 130円
左側の黒いパンは、
イカスミ明太(かねふく)フランス 180円。
どのような味だったのか気になります。
15_ランチ1
外のテラス席を確保出来たら、
いただきます。
16_ランチ2
私は怪我したので不参加ですが、
ブログを書いていたら一緒に行った気持ちになりました。
17_終了
が、体験したかった。
おしまい。

| あひ | ツーリングイベント | 18:56 | comments(0) | - |
ブルーベリーゆうファーム その1
7月初旬は、筑波でブルーベリー狩り。

ゆうファームさんでは、マイスターの監修の元、
茨城県エコファーマーの認定を受け、
環境保全型農業に取り組んでます。
その上で大粒の甘いブルーベリー栽培を行っています。
01_全員集合
ここで、エコファーマーについて簡単に説明。
「土作り」、「化学肥料低減」、「科学農薬低減」の
3つの技術を一体的に取り組む計画を作成。
作成された導入計画が農林事務所の審査を通ると、
「エコファーマー」です。認定期間は5年間。
つまり、環境や体の事を考えた生産者なのですね。
02_到着
到着後は、摘み取りの説明。
説明員の隣でカゴを持っているのは外人さん。
こちらにいる日本初のマイスターは、
講演や海外で技術指導も行っているため、
外人さんは研修生でしょうか。
03_説明
入園料は、1,000円で食べ放題。
摘み取った果実の持ち帰りは、100g 250円。
04_ファーム内
こちらで栽培している系統は2つで、以下が特徴です。
ハイブッシュ系:約30種類。
皮が薄く大粒、甘みと酸味のバランスが抜群。
ラビットアイ系:約20種類。
皮がしっかりしていて、甘みが強い。
05_熟してます
系統からの品種を一部ご紹介。
グロリア:
珍しい品種ですが、ラビットアイ系ではトップクラスの味。

06_グロリア
エイボンブルー:
小粒ですが濃厚な味わい。スタッフお薦めの品種。
07_エイボンブルー
アルパハ:
ラビットアイ種の中では甘みが強く風味豊か。
08_アルパハ
チャンドラー:
最も大きくなる品種、酸味が強いため完熟したものが食べ頃。
08_チャンドラー
ネットに覆われて栽培されてますが、
結構、虫等がいたようです。
ここで、木や葉っぱにいる虫や動物が分かるかチェック。
こちらは簡単でしょう。
09_問題1
こちらも分かりますよね。
10_問題2
こちらは、分かりますかね。
刺すらしいので、見つけられないと危険。
11_問題3
周りの色に同化しているため、
何人か刺されたそうです。
12_何している
たぶん、刺されてカゴを落としたんですな。
これからは、軍手でも用意した方が良いかも。
13_落としたのですね
こちらの木は鈴なりの食べ放題。
嬉しさで笑いが止まらない顔ですよん。
14_鈴なり
色々な品種が混ざってますが、
40分程度で摘み取り終了。
15_摘み取り
ブルーベリーは目に良いと言われてますが、
視力が回復したり、乱視/近視が治る訳ではありません。
目の疲れによる景色のかすみやぼけなどの症状が改善出来ます。
16_計量
皆さんが持ち帰りの計量をしている間に、
ブルーベリーのシャーベットとアイスクリーム頂きます。
17_小休止
共に和三盆を使っているので上品な味わい。
18_シャーベットとアイスクリーム
左が果実そのままのシャーベット。
右がまろやかな甘さのアイスクリーム。
つづく。

JUGEMテーマ:趣味

| あひ | ツーリングイベント | 19:28 | comments(0) | - |
道の駅スタンプラリー

6月下旬は、道の駅巡りゲリラ。

HONDA DREAM店が開催している、
「道の駅スタンプラリー」をご存じですか?
2016年は、4月〜11月末の間に行われてました。
参加資格は、DREAM店のオーナーズCardを所有している事。
スマホにアプリをダンロードし、
DREAM店でエントリー登録すれば参加出来ます。

全国1,079ヶ所(2016年3月末現在)の
道の駅を巡ってスタンプ数で全国/ショップランキングを競うイベント。
取得したスタンプ数に応じてバッチを獲得出来ます。
たしか、100/200・・の百単位で貰えたようです。

初参加のゲストさん。
CB400 SUPER BOL D'OR<ABS> Special Edition。
漆塗りを表現した漆黒[しっこく]と朱紅[しゅべに]のカラーリング。
2016年6月1日までの限定モデルなので、
もう販売していないのですね。これから、宜しくお願いします。
01_初参加のゲストさん
こちらは、
隼乗りの息子さんのGSX−R600
隼と比べると軽そうで取扱良さそう。あんど、乗りやすそう。
02_息子さんのGSX-R
続いては、見送りに来てくれたとくさん。
以前、掲示板でレスがあったカブでしょうかね。
だとすれば、1978年製。

焦げ茶の色が落ち着いて素敵。ホイールが何とも素晴らしい。

秋田の角館の袋をどこで入手したのか不思議ですが、
角館は桜の時期にまた訪れてみたい。
39年前のバイクと思えないほど、かっくいい出来です。
03_見送りとくさん
それでは、最初の道の駅 白沢。
「イチゲンさん、”おはつ”できますか?」と言う番組に、
新グルメの開発をお願いした場所。

開発者は、ラーメン店「なんつッ亭」の大将。
田舎名物のすいとんが、粋な姿に変化して販売されています。
価格は、860円。機会があれば、食べてみたいですね。
04_道の駅 白沢
こちらで購入したのが、STAMP BOOK。
関東だけですが、こちらもスタンプを集めて、
景品がもらえるイベントの本です。
05_2016 STAMP BOOK
続いては、
全国的に有名な田園プラザかわば。
数多くの受賞を頂く、大人気の場所。
06_田園プラザかわば
1日楽しめるスポットだけあって、
家族連れ、ペット連れでのびのびしてますね。
07_日陰で一休み
水上温泉の情報を発信する、
みなかみ水紀行館(みずきこうかん)。
08_みなかみ水紀行館
クライミングウォールがあり、大人 700円。
※インストラクター不在の場合は、利用出来ません。
09_フリークライミング
足湯の前は、清流公園と利根川。
利根川では、ラフティングやってましたね。
10_足湯
縄文時代の遺跡と地域情報を発信する、
月夜野矢瀬親水公園(やぜしんすい)。
近くの上毛高原駅では、
ホタルの観賞が出来るため、6〜7月は賑わいます。
11_月夜野矢瀬親水公園
都市と農村の交流をする、たくみの里。
数々の体験と食事が楽しめる場所。
12_たくみの里
お昼時なので、
農産物加工の家でお昼ご飯。
13_そばがき 300円
十割蕎麦と八割蕎麦があり、十割はちょい高め。
こちらは、天ざるそば 1,100円 (八割)
14_天ざるそば 1100円
「日本で最も美しい村」に加盟した、あぐりーむ昭和。
北海道にも負けない雄大な景色が楽しめるそうです。
15_あぐりーむ昭和
寝転んではいれる天然温泉の足湯。
室内にあるのを見たのは初めてかも。
16_室内の足湯
難攻不落の「白井城」、
その城造りを感じさせる、こもち。

江戸時代、城下の集落「白井宿」では、
六斎市(ろくさいいち)で賑わっていたそうです。
なので、施設や店名が”六斎”なのですな。
17_こもち
最後は、
旧富士見村の中心にある、ふじみ。
お隣の「富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館」も
道の駅の施設。
18_ふじみ
区切られているので、道の駅の施設とは思わなかった。
こちらの温泉、泉質が希少らしく肩こり等に良いらしい。
入館料は510円。機会があればのんびり入りたいですな。
19_終了
ホンダドリームさんの企画は面白いですね。

私では思いつかない発想。

今後の企画(違う巡り)に期待です。
おしまい。

JUGEMテーマ:車/バイク

 

| あひ | ツーリングイベント | 19:51 | comments(0) | - |
明けましておめでとうございます。

初詣は、
東京都の明治神宮へ行ってきました。
明治天皇・昭憲(しょうけん)皇太后を祀る神社。
何かの番組で観た記憶だと、
造園は何十年も先の情景を考えて造られています。
人工林ですが、落ち着きますね。
01_南神門
去年の成田山に続き、
参拝者が300万人になる人気の場所。
02_御社殿
ですが、スイスイと御社殿へ。
今年も色々とお願いしてきました。
03_参拝
その後は、いつものおみくじ。
こちらは吉凶を占うものではなく、
独自のおみくじで、大御心(おおみごころ)。
大御とは、神や天皇に関する事の最大級の敬語。
有り難いお考えや、ご恩徳(おんとく)高い
御心(みこころ)が書かれています。
04_おみくじ
帰り道にあった屋台でお神酒やビール、
いつもの焼きそばを食べたら、
05_屋台
久しぶりの原宿駅。
表参道は屋台が出ているため、凄い人混み。
06_原宿駅
竹下通りも店が開いているため、
活気がありましたね。
07_原宿通り
では、人生はあっと言う間に終わる一年の積み重ね。
新たな趣味を見つけるため、今年も出かけましょう。
おしまい。

JUGEMテーマ:日記・一般

| あひ | 日常 | 23:29 | comments(0) | - |
江戸切子 浅草おじま その2

下絵が描けたら、削りの作業開始。
01_カット作業開始
刃の当たる位置が下絵からずれてしまい、
始めから上手くいかず。(悲)
02_作業部屋は2Fもある
職人さんが超簡単に削ってみせたので、
自分でも出来そうと思ってしまった。
03_やってみると難しい
グラスの縦は動かしやすいため、なんとかなります。
が、圓魯哀薀垢魏鵑稿阿が上手くいかず、
下絵からどんどんずれてしまう。(泣)
04_刃が当たる位置が分からない
一番難しいと思ったのが、斜めの線。
グラスの円に沿って斜めに動かすのは無理。
05_集中力が必要
こんなに難しいなら練習させてよぉぉ。
と心の中で半ベソかいてました。
下絵通りに削れず、ボロボロの線となりました。。。
06_そして丁寧に
それでは皆さんの作品をご紹介。
その1で登場した、
梅(桜?)の下絵がこんなにも可愛く完成、お見事。
07_梅の花
江戸の文様、笹の葉グラス。
笹っぽく削るのが大変なんです。
私には無理。とても素晴らしい出来です。
08_笹の葉
富士山のグラス。
雪の部分を削るのが難しかった様です。
下絵より雪の量が多くなっている気がしますが、上出来。
09_富士山
線のグラス。
底の中央から放射状に出た線が、
表面に繋がっている綺麗な出来。
10_シンプルな線
江戸の文様、星[八菊]のグラス。
反対側には遊び心で、ニャンと肉球がいます。
11_星
最後は江戸の文様、格子[チェック]のグラス。
左が私の作品です。
12_格子
上手くいかなかったので、文様について簡単に説明。
魚子[ななこ]:魚の鱗[うろこ]に見える模様。
龍の目:八角、六角などの伏せた龍の目を模した模様。
矢来:矢の様に降る雨を表した模様。
13_底
格子:いわゆるチェック模様。
笹の葉:放射状に延びた直線模様。
麻の葉:交差する何条かの直線と周りを囲む短い線の模様。

星:八菊とも言われ、計8本の線が交差したもの。
七宝:円形の4分の1ずつ連ねて網状にしたもの。
流水:小川を表した流れるような曲線。

上記の模様を多く取り入れると面積も大きくなり複雑になります。
つまり、難易度が高くなるので値段も高いって事です。
14_体験終了
これにて体験終了。
時間に余裕があるので、浅草寺へ。
その前に途中の四川ハウスでお昼。
15_四川ハウス
ラーメン 600円。
16_ら〜めん 600円
お店の名物 坦々麺 800円。
17_坦々麺 800円
野菜坦々麺 900円。
18_野菜坦々麺 900円
私が食べたのが、マーボーラーメン 850円。
辛いと思いきや、
汗かかずに食べられたので、ちょい辛でしょうか。
普通に美味しかったです。
19_マーボーら〜めん 850円
浅草寺に到着。
浅草寺で思い出すのが、大黒家の天丼。
開店前から行列だったため諦めたのですが、
いつか食べてみたい。
20_浅草寺
相変わらず賑やかな場所ですね。
着物着ている人が多いのですが、外人さんですね。
21_仲見世通り
和菓子の舟和[3号店]さんで小休止。
22_仲見世3号店 舟和
どらどら抹茶アイス 240円。
23_どらどら抹茶アイス 240円
雷門の前には、何やら張り紙が。
瓦調査と補修行っているそうで、
24_お知らせ
記念写真のスポットが残念の事に。
これにて終了。
25_瓦調査と補修中
実際にやってみると自分の性格や得意、
不得意が改めて認識出来る良い体験でした。
おしまい。

JUGEMテーマ:趣味

| あひ | ツーリングイベント | 18:12 | comments(0) | - |
江戸切子 浅草おじま その1

6月は人生初の江戸切子体験。

江戸切子の組合があるので確認してみたら、ほとんど体験を行っていない。
また、鮮やかなグラスで体験出来る店があるにはあるのですが、
高額(7千〜8千円)なのと、通う方の教室だったりします。
01_途中のコンビニで休憩
そして、週末に体験を開催している店も少ないですね。
選べるほど店がありませんが、
午前中のみならOKの浅草おじまさんで体験です。
02_浅草おじま
店には駐車場が無いため、近くの公園に駐車。
バイク組が先に到着したので、しばし電車組を待ちます。
03_電車組待ち
工房にある職人さんの作品。
色鮮やかでとても綺麗。(※1)
04_作品の提示と販売
間近で作品を拝見。
ぎょっ!! 10,000円。
05_青いグラスの作品
こちらは、12,000円。
真ん中の花瓶の様な小さいグラスは、30,000円です。(※1)
ちなみに、一番安い物でも4,000円。
作品に触らない様に注意書きありますが、無くても触れませんね。
06_緑グラスの作品
電車組が到着したので、体験開始。
まずは、職人さんから切子について説明。
07_体験開始
簡単な製作工程がこちら。
1:割り出し
印を引き、カットの目安とする。
2:荒削り、三番掛け
割り出した上から荒削りをする。
更にその上から荒削りより細かいメッシュのホイールを使い
カットしていく。
3:石掛け
笹石(ささいし)、カッチング、砥石(といし)を用いてカットする。
切子の模様はこの段階で完成し、細かい所までカットしていく。
4:磨き、バフかけ
石掛けまで出来たものを、磨き粉を水に溶かしながら磨く。
08_製作工程
本当なら上記の工程なのでしょうが、
体験は下絵を描いてカットする作業となります。
※職人さんが下絵を描く事はありません。
09_参考用の切子模様
下絵の参考となるグラスには、
梅(桜?)、ぶどう、葉、雪だるま、星っぽい物に
ニャンの後ろ姿。
10_後ろ姿のニャン
ハートもありました。
線が重なり合うものを想像していましたが、
この様な絵もありなんですね。
11_ハート模様
体験用のグラスは、こちらの透明なグラス。
(昔の切子は透明なグラスが主流。)
二種類から選びます。
12_体験用の透明グラス
こちらが、カットする機械。
13_カットする機械
刃は幅広く削れるタイプと
14_太いカット
細く削れるタイプがあります。
15_細いカット
まず、丸を例に下絵を描き、
16_職人さんの下絵
幅広い刃で削ると
17_職人さんの削り
この様に丸く削れます。
ハートならその応用、とても簡単そう。
18_職人さんのお手本
説明後は、下絵描き。
19_全員で下絵の作業開始
下絵の道具は、定規、紙(下絵の練習用)、油性ペン。
20_油性ペンを使用
グラスに油性ペンで下絵を描きますが、
間違っても濡れたタオルで擦れば落とせます。

さて、皆さんが下絵を描いている間に、切子について簡単に説明。

切子(切子細工とも言う)は、カットによる装飾を入れる技術自体、
或いはカット装飾されたガラスのこと。
つまり、バカラのカットガラスも切子となります。
21_定規を使用
江戸切子ですから、
江戸庶民の文化を文様(もんよう)にしているのが特色。
ちなみに、和服の生地に通用する文様(=模様)だそうな。
22_紙を中に入れて下絵
皆さんの下絵を一部ご紹介。
梅(桜?)をイメージした下絵。
可愛らしい。
23_木と花の下絵
こちらは、大胆な線で切子の文様、
笹の葉を感じさせる下絵。
24_線の下絵
最後は、富士山の下絵。
太陽が反対側に描いてあるため、
太陽の位置が見る角度で変わる面白い下絵。
25_富士山の下絵
私は、線が重なり合うものをイメージして来たので、
絵への切り替えが出来ず、線だけにしました。
つづく。

 

JUGEMテーマ:趣味

| あひ | ツーリングイベント | 03:53 | comments(0) | - |
福生市 DEMODE DINER

今頃気づきましたが、
新年会と花見の記事をアップするの忘れてました。
書くネタが無くなったら、気まぐれでアップするかも知れません。

4月のプチツーは雨で中止だったため、
2016年は5月から活動開始。
01_2016年活動開始
新年会で初顔合わせしたゲストさん[女性]とようやく走れます。
いつ見てもDSクラシックは大きい。
これで400ccですからね。取り回し大変でしょうが、
これから人生初の体験や観光をして楽しみましょうね。
02_ゲストさん
また、バイクを替えた方とも久しぶりに会えて嬉しい。
買い替えは、KTMにBMW、ハーレー。
やはり買い替えは嬉しいものですね。
03_コンビニで全員集合
コンビニで雑談後は、
30km程度走った福生市に到着。
今回訪れたお店は、横田基地の前にあるデモデダイナー。
04_福生市のDEMODE DINER店に到着
お店の前がバイク(自転車も含め)置き場。
前に停めきらない数なので、裏にも駐車。
05_前に置けないので裏駐車場へ
窓を全開したため、目の前が自分達のバイクだらけ。
ちょっと嬉しい。いい眺め。
16号を通るライダーさんも、バイク屋か!?
と2度見しながら通り過ぎます。いい感じぃ。
06_バイクが目の前
もちろんバイク屋ではありません。
アメリカンなダイナーです。
店内は、私達だけで半分使用したでしょうか。
思ったより広いです。
07_店内の様子
こちらでサンドイッチ、パスタ、
パンケーキなども頂けますが、本日の昼食はハンバーカー。
価格帯は、1,300〜1,650円程度。
最初のハンバーガーは、
TEX−MEXバーガー 1,450円。

08_TEX-MEXバーガー1450円
こちらは、
ベーコンエッグバーガー 1,500円。
09_ベーコンエッグバーガー1500円
2段重ねのビーフパテから流れ落ちるチーズはまるでナイアガラの滝。
滝はTVでしか見た事ないけど、チーズがとろけて美味しそう。
ナイアガラチーズバーガー 2,050円。
10_ナイアガラ チーズバーガー2050円
BLTバーガー 1,500円。
11_BLTバーガー 1500円
チーズバーガー 1,300円。
12_チーズバーガー1300円
私達が食べたのは、こちらの名物。
パテ4枚の合計2ポンド(900g)を重ねた
30cmオーバーのハンバーガー。値段は5,000円。
13_ビッグタワーバーガー 5000円
ソースは4種類。
14_ソースは4種類
一人で食べきれる量ではないので、
足りないパンズを追加し4人で頂きます。(一人1,250円)
15_ピクルス 500円
大好きなピクルスを大量に挟んだら、
一人前のバーガー完成。
食べ応えあり、美味しかったです。
16_頂きます
↓見た目はクリームソーダ?
最近飲んでないのですが、こんなんでしたよね?
ところがどっこいミント味だそうで、
湿布の様な感じだったそうです。
次訪れた時は、こちらを飲んでみたい。
17_シトラスミントジュース
食べ終わる頃は、テラス席もいっぱい。
18_テラス席もお客さんでいっぱい
他のお客さんもハンバーガーだと思いきや、
皆さん色々でしたね。他のメニューも美味しいのかも。
19_初ツー終了
5月はまだ寒いので、ゆるゆるのランチツーでしたが、
2016年の始まりです。
おしまい。

JUGEMテーマ:グルメ

| あひ | ツーリングイベント | 22:01 | comments(0) | - |
2016年 GWの旅 その5

名古屋から旅の始まり。

朝食バイキングをたらふく食べたら旅の最終日。
01_名古屋の朝
最終日も良い天気。

地元に戻る前に最後の観光場所に到着。
有名な場所なので、建物を見ただけで分かりますか?
02_産業技術記念館
こちらが創業者。

顔は分からなくても、名前でピンときましたか?
もうお分かりですね。
03_創業者
訪れた場所は、トヨタ産業技術記念館。

豊田佐吉(とよだ さきち)が
自働職布(しょくふ)工場を設立したのが、1911年。
改名、改組(かいそ)、社名変更など経て、
産業技術記念館となりました。
04_受付
展示は大きく繊維機械と自動車に関する2種類あり、
最初の見学は、「繊維機械館」。

こちらは、綿から糸を紡ぐ作業の実演。
05_綿から糸へ
昔は手作業だったものが、
次第に機械化され、
06_糸の機械化
高速化されていきました。
07_高速化
織機側も改良され、片手で前後に動かすと、
シャトル( 緯糸[よこいと] を通す用具:杼[ひ] )が左右に移動。
同時に緯糸を打ち込む事が可能。
※佐吉さんが24歳の時に発明、初特許。

つまり、職人さんで無くても同じものが早く出来る。
品質が向上し、生産性が4〜5割上昇したそうです。
08_豊田式木製人力織機
そして、
↓説明員の左手に持っている木がシャトル。

一人1台しか動かす事が出来なかったものを機械化。
これにより、一人が4台まで動かす事が可能に。
09_杼に糸を通す説明
更に改良に改良を重ねた28年後、
無停止杼換式(ひがえしき)が完成。↓

これで一人が30〜50台受け持つ事が出来、
従来の15〜20倍以上の生産性を実現したそうです。
10_無停止杼換式が完成
更に高速化された織機は、シャトルが外となり
鉄の棒みたいな物が垰緜未靴泙后
↓写真の中央にある物が現代のシャトル。

その速さは、1分間に400回。
11_左の物がシャトル

無停止杼換式が150回でしたから、
すっごい速度なんです。

他に水を利用して横糸を通す物や
↓写真の様に織れる物を見たら繊維機械館は終了。
12_写真の様に織れます
続いては、「自動車館」。

トヨタグループ各社の系譜[けいふ]を簡単に紹介。
皆さんは、何社知ってますか?

1926年豊田自動織機製作所 → 衙田自動織機
1937年トヨタ自動車工業 → トヨタ自動車
 |
 →1941年豊田工機 → 螢献Дぅ謄ト
 |
 →1943年東海飛行機 → アイシン精機
 |
 →1949年日本電装 → 螢妊鵐宗
 |
 →1945年トヨタ車体工業 →トヨタ車体
 |
 →1949年名古屋ゴム → 豊田合成
 |
 →2003年トヨタホーム

1940年豊田製鋼 → 愛知製鋼
1936年トヨタ金融 → 豊田通商
1910年東京瓦斯工業 → 日野自動車
1907年発動機製造 → ダイハツ工業

1933年 繊維機械から自動車部を設立したのは、
豊田喜一郎(きいちろう)。

↓壁に書かれている言葉は、
「君に見てもらうのは自転車に付ける
 スミス・モーターという小さなエンジンであって
 これが回るところをひとつ君に見てもらい
 かつ批判してもらいたい。」似たような言葉はよく聞きます。
13_スミス・モーター
全ての部品を
1から創らないとけませんからね。

ここから車作りは始まるのですね。
14_ここから始まる
エンジン等の部品だけでなく、
ボディーの形もここから始まったのですね。

写真は木で作られた「かたどり」
15_かたどりの車
かたどりに合わせて、
板金は手叩きしていたんですね。
16_手叩き板金
こちらが完成した試作ボディー。
17_試作ボディー完成
この後、
1934年にA型エンジン完成。
1935年にトヨダG1型トラック発売。

↓販売後、故障した場面。
お客様に迷惑をかけない様に代車[外車]を用意し、
積荷を移し、故障箇所を調査する様子。
18_トラック故障
説明の時間が押してきたため、
先に自動車の仕組みと構成部品の見学。

トヨタもロータリーエンジンの開発をしてたのですね。
燃費の問題で開発を中止し、生産しなかったそうです。
19_開発技術の変遷
2Fの吹き抜けから、
自動車館の全体(2/3)。

1つ1つ見ている時間は無いほど、広いんです。
20_自動車館
続いては、生産技術の変遷。
21_生産技術の変遷
ロボット組み立ての時代ですね。
22_生産技術の変遷
続いては、代表車種のプロムナード見学。

観音開きのドア。なぜこの様にしたのか不思議。
軸になる部分が大きすぎて、
真ん中に収まりきらなかったのでしょうかね。

それにしても、昔の車はかわいい。
23_代表車種のプロムナード
最後に開発技術の変遷を見学して終了。

お昼は、館内にあるミュージアム カフェ。
こちらは、記念館プレミアムカレー 970円。
本格スパイシーで隠れファンの多い名物カレー。
24_記念館プレミアムカレー970円
豆いっぱいの豆カレー 650円。
25_豆カレー650円
名古屋なので、みそかつ弁当 950円。

数量限定の商品。
26_みそかつ弁当950円
私は、カルボナーラ 750円。

味はイマイチ。カレーが当たりだったかも。
27_カルボナーラ750円
土産を購入したら、
「研究と創造の精神」を伝える館のシンボルで記念撮影。

回転円運動により布を織り上げる珍しい織機。
28_館のシンボル
最後は、問いかけです。
創業初期は、
豊田(とよだ)ですからマークは、”TOYODA”です。

1936年にマークが変更されました。
ご存じの”トヨタ”のマークです。
なぜ、” ダ ”ではなく” タ ”になったのでしょうか?

知らない方は、是非訪れてみて下さい。
29_マーク
それでは、地元へ向けて出発。

300km走った横川SAに到着。
30_横川SA
無事、
地元に帰ってきました。

今回の兵庫県は色々観光場所があるので悩みました。
丹波、竹田城、出石蕎麦の地域・・・などなど。
次の機会に訪れたいと思います。
31_旅終了
人生に一度は訪れたい世界遺産の城、温泉。
そして工場見学など、良い旅だったです。
おしまい。

JUGEMテーマ:旅行

| あひ | ツーリングイベント | 18:59 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
 

2/96 Pages
<< New Page | Top Page | Old Page >>



このページの先頭へ